SponsoredLink

女性の薄毛はどうして起こるのか?

薄毛の悩みを持つ女性が増えています。女性の薄毛は、男性の薄毛とはちょっと違い、いわゆるハゲるわけではなく、ボリュームダウンしてしまう薄毛であるのが特徴です。急増している女性の薄毛、何が原因で起こってしまうのでしょうか?


女性の薄毛の原因で、代表的なものは5つあります。まず「脱毛」。髪を結んだりピンで留めたりして、髪の毛が引っ張られている状態が続くことで脱毛してしまう状態です。頭皮に合わないシャンプーや酸性ブリーチの使用も、この原因のひとつです。


また、過度なダイエットや薬物投与で髪の成長が停止してしまう「成長期の停止」、円形脱毛症が一例とされる「休止期の脱落」も、女性の薄毛の原因とされています。これは男性の薄毛にも共通する原因と言えそうですね。


女性の薄毛の原因として特徴的なのが「ホルモンバランス」です。産後や避妊薬の使用でホルモンバランスが崩れることで起こる薄毛です。これは一時的な薄毛であることが多く、ホルモンバランスが正常に戻れば、薄毛も解消されるようです。


最後に「角栓様物質」。簡単に言えば毛穴に汚れが詰まってしまい、髪の毛が成長できない状態のこと。サロンなどでこれを取り除くことが必要です。頭皮を清潔に保つことは、薄毛・抜け毛解消のひとつの近道でもありますからね。


ざっと代表的なものを述べただけでも、女性の薄毛の原因は様々。他にもアレルギーや頭皮の炎症が原因で薄毛になることも。でもほとんどは、生活習慣や間違ったヘアケアが薄毛の原因になっているようです。薄毛や抜け毛が気になりだしたら、一度生活習慣やヘアケアを見直ししてみる必要がありそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5446517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック